韓国ドラマ-千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-63話~64話-ネタバレ-史実!

韓国ドラマ-千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-63話~64話-ネタバレ-史実!

BSで放送予定の千秋太后のあらすじを配信!

ネタバレ注意であらすじ・ストーリーをお届けしますね!

千秋太后(チョンチュテフ)

高麗時代に台頭した献哀王后 皇甫氏、別名千秋太后の半生!

高麗時代に台頭した献哀王后 皇甫氏(けんあいおうこう こうほし)、別名千秋太后を描いた時代劇ドラマ。

今までも、『朱蒙(チュモン)』、『海神(へシン)』、『大祚榮(テ・ジョヨン)善徳女王』と大人気の時代劇があり、これらの先陣に続くシリーズ。

最高視聴率24.2%!常に高視聴率をマーク!総制作費は220億ウォンと桁違いのスケールである。





【韓国ドラマ-千秋太后(チョンチュテフ)-主要キャスト】

キャスト 役名 役所説明 関連商品
チェ・シラ ファンボ・ス 第五代国王・景宗(キョンジョン)の第三姫

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

千秋太后[チョンチュテフ] DVD-BOX 1 [ チェ・シラ ]
価格:13608円(税込、送料無料) (2017/4/16時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

千秋太后 [チョンチュテフ] DVD-BOX 2[DVD] / TVドラマ
価格:12821円(税込、送料無料) (2017/4/16時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

千秋太后 [チョンチュテフ] DVD-BOX 3[DVD] / TVドラマ
価格:12821円(税込、送料無料) (2017/4/16時点)

キム・ソックン キム・チヤン 新羅王族の子孫
チェ・ジェソン カンジョ 渤海の名武将の孫にあたる人物
イ・ドクファ カム・ガムチャン 太祖王健を支えた一族
チェ・チョロ 景宗(キョンジョン) 高麗第5代王、ファンボ・スの夫
キム・ミョンス ワン・チのちの成宗(ソンジョン) 高麗第6代王、ファンボ・スの兄
ムン・ジョンヒ ムナ王后 第二妃・ファンボ・スと激しく対立する
イ・イン ワン・ソン 後のモクチョン、ファンボ・スとキョンジョンの息子
ヤン・ウニョン ホンスク皇后 第一妃・キョンジョンの妻
イム・ヒョク ソ・ヒ 内議大夫ファンボ・スのよきアドバイザー
イ・ギヨル チェ・ソム ソ・ヒと対立している
キム・ジョンギョル チェ・リャン
キム・ビョンギ キム・ウォンスン 商人で金と権力の為に手段を選ばない
シム・ヘジン ソ太后
ヤユル・ヒョン キョンジョン(景宗)
チャン・ドンジク ソンジョン(ヤユル・ユンソ) キョンジョン(景宗)とソ太后の息子





【千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-63話~64話-ネタバレ】

◇ 千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-63話

穆宗の感覚は薬のせいでますますおかしくなっています・・。

側室のミラはすでにこの世にいないはずですが、彼はヘンガンをミラと見間違えてしまいます。

薬の効果は予想以上に強く、意識を錯乱させる穆宗には政治どころではありません。

そんなとき、ジョンが母を赦免してほしいと直訴しにやって来ました。

ジョンの母は延興宮主ですが、彼女は穆宗によって流刑にされたのです。

穆宗が内政をできない中、千秋太后が彼に代わって政治を行います。

園頃、重い税金のために民が苦しんでいるということが千秋太后に伝えられました。

千秋太后はこれを由々しきことだとして、改革に乗り出します。

彼女が行った政策は、私田の徴収制限を行うことです。

古くからの臣遼たちはこれに反発しますが、千秋太后はお構い無しで改革を断行します。

ところがここで穆宗が復帰して、母の政策を阻止するのでした・・。

こうして母と子の噛み合わない関係は、今でも続いていました。

一方、高麗には内憂どころでは危機が迫っていました。

契丹の聖宗が高麗討伐を目論み、兵を集めて軍を組織し始めたのです。

ただし、現状では契丹軍より高麗軍のほうが優勢でした…。




◇ 千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-64話

穆宗はヘンガンと一緒に寝ていましたが、その様子を母に見られて驚かれます。

しかし、それどころではない事態が国外で進んでいました。

宋とも交流を行うようになった契丹が、高麗を打ち果たすために兵を動かしたのです。

この件を危惧したドギャンはチヤンに接触して、水面下で対応を協議します。

千秋太后は千秋太后とヘンガンのことでショックを受けていますが・・それどころではありません。

母の思いをよしに、穆宗はさらに目に余る行動をとるようになります。

彼は千秋太后が打ち出す政策にことごとく反対を表明し、さらに男色を装うのでした。

これではさすがに王にふさわしくない・・廃位させるしかない・・と千秋太后は決心します。

ところがこれは、完全に穆宗の狙い通りでせいた。

というのは、穆宗はさっさと皇帝の座を降りたいと考えていたからです。

そのため、わざと母親が廃位を考えるようなことばかりしていたのです。

政策に反対したのも男色を装ったのも、全ては王を辞めるためのカモフラージュです。

こうして千秋太后は穆宗を見限り、新しい王の即位を画策します。

彼女が王位継承者に選んだのは大良院君ですが、ガムチャンにこのことを相談します。

一方、大良院君の即位を阻止したいチヤンは、大良院君のもとに刺客を送ります…。

千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-65話~66話

韓国ドラマ-千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-全話一覧-ネタバレ




韓国ドラマのネタバレやあらすじの無料情報!
 ~キャストや相関図もここでチェック!~




スポンサーリンク