韓国ドラマ-推理の女王2-6話-あらすじ-ネタバレ-キャスト-JCOM-KNTV!

推理の女王2

あらすじ-6話-ネタバレ-キャスト-KNTV!

KNTV(JCOMなど)で放送予定の「推理の女王2」!

あらすじを全てお伝えしますよ!

ネタバレ注意であらすじ・ストーリー、見どころを一挙お届けします!

『推理の女王』待望のシーズン2を放送!クォン・サンウ&チェ・ガンヒの最強コンビ!

2人の凸凹名推理はもちろん、前作のラストで夫と別れたソロク(チェ・ガンヒ)と憎まれ口を叩きつつソロクを守るワンスン(クォン・サンウ)の加速するラブラインにも期待!

前作で謎となっていたワンスンが刑事になったきっかけである初恋相手の事件や黒幕も登場し、目が離せない展開の連続!

演出:チェ・ユンソク、(『キム課長とソ理事~Bravo!Your Life~』)

ユ・ヨンウン(『推理の女王』)

脚本:イ・ソンミン(『推理の女王』)

出演 : クォン・サンウ、チェ・ガンヒほか

推理の女王2

刑事を目指す推理オタクの主婦ソロク(チェ・ガンヒ)が熱血刑事のワンスン(クォン・サンウ)と難事件の数々を解決してから数ヶ月…夫と別れたソロクはワンスンが気にかかる。

一方ワンスンもソロクが気になり、彼女のために密かに指輪を用意していた。そんな中ソロクはある男と結婚することが決まる!揺れる気持ちのソロクだが、そのまま結婚式を迎えることに。

だが新郎の男が指輪をはめようとした瞬間、ワンスンが式場に乗り込んでくる!実は新郎は結婚詐欺を働いており、ソロクは潜入捜査をして男を罠にはめたのだった!

名タッグで事件を解決する2人だが、相変わらずお互い減らず口で事件解決後もいがみあう。

そんな中亡くなったと思われていたワンスンの初恋相手が現れる…

推理の女王2





【韓国ドラマ-推理の女王2-主要キャスト】

キャスト 役名 役所説明
クォン・サンウ ハ・ワンスン ハードボイルドベテラン刑事
チェ・ガンヒ ユ・ソロク 結婚8年目平凡な主婦。推理クイーン
イ・ダヒ チョン・ヒヨン ケーキ店ジェネボワーズのオーナーパティシエ
パク・ビョンウン ウ・ソンハ チュンジン署、強力2チームのチーム長。
キム・ヒョンスク キム・ビョンミ チュンジン署、鑑識班のチーム員

《《相関図はこちら!》》






推理の女王2

【韓国ドラマ-推理の女王2-あらすじ-6話-ネタバレ!】

ユン・ミジュ殺人犯説に疑問を抱いたソルオクは、折角席取りをした講義を諦めてチュンジン署に向かった。

「先ず犯人を捕まえる!勉強はその後で」と言うソルオクに、ワンスンは「どうせ長くは持たないと思ってたぜ。俺からは捜査協力を頼んでないから、試験に落ちても怒るなよ」と警告した。

その後、ケ・ソンウ (オ・ミンソク)が強力1班のデスクにいるソルオクに憮然とすると、ワンスンはノリョン洞に詳しいチャムゴイン(参考人)から調書を取るからと言い訳をした。

そして次にチェ課長 (キム・ウォンへ)が追い返そうとうすると、ソルオクは丁度取材に現れた記者たちに「ナ・ジンテ事件について話しがある」と慌てさせて、イ・ファンシク殺害事件の会議への参加許可を得た。

会議では、イ・ファンシクの死因がナイフで刺された傷からの出血多量だと報告され、その時刻CCTVに唯一映っていた容疑者ユン・ミジュが被害者とアパートの家賃のことで揉めていたことが明らかにされた。

これにソルオクはワンスンの制止を振り切って立ち上がると、裏口にはCCTVがなく、そこから入って出たら映像には映らないと指摘した。

そして靴や服についた血痕についても、殺害現場を通り過ぎたからで殺害した訳ではないと説いた。

だがソンウは、被害者の指紋が靴の後ろについていた事実を、生きていた被害者がミジュの靴を掴んだ証拠だと推定した。

これにソルオクが沈黙すると、会議を終了させたソンウは「素人がプロの仕事に首を突っ込むな」と嫌味を言いながら出ていった。

だがソルオクは「ミジュが犯人だと100%決まった訳じゃない」とワンスンを説得してミジュに面会に向かった。

*

「遅くなって急いでいた。模擬テストのことで頭がいっぱいで暗かったから何も見ていない」

そう証言したミジュは 、誰かとぶつかったかどうかを訊かれると頷いた。これにソルオクは、ミジュが犯行後逃げていた真犯人と遭遇したものと確信した。

そうして聞き込み捜査を始めたソルオクとワンスンは、次々と怪しい容疑者を発見していった。

学生寮の管理人コ・シワンから、無断駐車で被害者と揉めていた学生の話を聞いて彼の元へ行った2人は、ソルオクが盗撮犯で捕まえたパク・ギボム (ドンハ)と再会した。

ギボムは被害者と言い争いになったことは認めたが、殺害については否認した。

そして「裏口から女子トイレへ入り、ナイフを持った女性を見た」と証言してグッパ屋台へ連れて行った。

ソルオクやミジュも注文した事があるグッパ売りの中年女性は、店先で商売をした事で被害者と大喧嘩になったことを認め。

だが、トイレで逃げたのは無断使用で罰金を払わされた事があるからだったと容疑を否認した。

そして 「冷血漢の老人でテナントの人間に対しては無慈悲だったが、孫を甘やかして高級車を買っていた」と2人に証言した。

その後2人は、トイレのドアにナイフを使用した跡が残っていたことからグッパ売りの女性を容疑者リストから外し、家族の犯行の可能性が高いとして、孫のインホを容疑者リストに入れた。

そんな中、ワンスンは苦手な鑑識課の名物男ファン・ジェミン (キム・ミンサン)の元へソルオクを連れて行った。

「あの名誉警官?犯行現場で探偵ごっこをしているおばさんですか?」

とソルオクにいつもの毒舌を始める彼に、ワンソンは笑いをこらえた。

だがソルオクは 「天才科学捜査官ファン・ジェミンさんですよね?」と目を輝かせた。

そして「私、大ファンなんです!お会いできると分かっていたら、本にサインをお願いしたのに…」と興奮するソルオクに、ジェミンはたちまち上機嫌になった。

ソルオクを歓迎して部屋の中に入れると、自著にサインをしてプレゼントした。

そうして「人よりできる人間は得てして誤解されるものだ」と2人は妙に意気投合した。

その後ソルオクがミジュの靴についていた指紋について尋ねると、ジェミンは「刺された後、腹ばいでこういう風に靴を掴んだと思われる」と丁寧に説明した。

そして、2014-16年製の3本線のPVCサンダルだと特定した靴のパソコン映像を示した。

いつもは非協力的なジェミンがソルオクの質問にホイホイと答えるのをみて「市民ではなく、刑事にもっと協力しろ」とワンソンは文句を言った。

だがジェミンは「アジュマを助けることはお前にとっても良いはずだろ?付き合っていると聞いたし…」とジェミンは2人を慌てさせた。

その後、ソルオクは「昇進に響くから噂は良くない。離れて歩こう」と主張した。

これにワンスンは「噂が何だ!不倫している訳じゃないだろ。それより犯人を教えてくれ」と話した。

*

翌日イ・インホと話をしようとして会えなかった2人は、安売りスーパーの店員に店の様子や彼の怪我について尋ねた。

すると女性店員は、殺されたファンシクが店を監視していたCCTV管理室へ連れていき、予備校生たちの万引き映像を見せた。

そして公務員になるのが目標の学生たちは、ファンシクに見つかると、皆きれいに罰金を払ったと言う。

そしてミンホの怪我については「階段から落ちて怪我をしたというインホを病院へ連れて行き、病院代を立て替えた」と打ち明けた。

*

その後店内に戻った2人は、犯人が履いていたサンダルが一日に50足売れる人気商品だと知るとため息をついた。

そこへそのサンダルを履いたギボムが丁度現れたので、ワンソンは彼の手を調べた。

刺した犯人自身も手に怪我をすることが良くあるから、確かめたのだった。

だがギボムの手に傷はなかった。そしてその直後、店に入ってくるシワンの手の包帯を見た2人は、直ぐに彼の傍に駆け寄った。

推理の女王2-7話-あらすじ-ネタバレ-キャスト-JCOM-KNTV!

推理の女王2-5話-あらすじ-ネタバレ-キャスト-JCOM-KNTV!

推理の女王2-全話一覧-あらすじ-ネタバレ-キャスト-JCOM-KNTV!




韓国ドラマのネタバレやあらすじの無料情報!
~キャストや相関図もここでチェック!~




スポンサーリンク