韓国ドラマ-千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-57話~58話-ネタバレ-史実!

韓国ドラマ-千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-57話~58話-ネタバレ-史実!

BSで放送予定の千秋太后のあらすじを配信!

ネタバレ注意であらすじ・ストーリーをお届けしますね!

千秋太后(チョンチュテフ)

高麗時代に台頭した献哀王后 皇甫氏、別名千秋太后の半生!

高麗時代に台頭した献哀王后 皇甫氏(けんあいおうこう こうほし)、別名千秋太后を描いた時代劇ドラマ。

今までも、『朱蒙(チュモン)』、『海神(へシン)』、『大祚榮(テ・ジョヨン)善徳女王』と大人気の時代劇があり、これらの先陣に続くシリーズ。

最高視聴率24.2%!常に高視聴率をマーク!総制作費は220億ウォンと桁違いのスケールである。





【韓国ドラマ-千秋太后(チョンチュテフ)-主要キャスト】

キャスト 役名 役所説明 関連商品
チェ・シラ ファンボ・ス 第五代国王・景宗(キョンジョン)の第三姫

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

千秋太后[チョンチュテフ] DVD-BOX 1 [ チェ・シラ ]
価格:13608円(税込、送料無料) (2017/4/16時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

千秋太后 [チョンチュテフ] DVD-BOX 2[DVD] / TVドラマ
価格:12821円(税込、送料無料) (2017/4/16時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

千秋太后 [チョンチュテフ] DVD-BOX 3[DVD] / TVドラマ
価格:12821円(税込、送料無料) (2017/4/16時点)

キム・ソックン キム・チヤン 新羅王族の子孫
チェ・ジェソン カンジョ 渤海の名武将の孫にあたる人物
イ・ドクファ カム・ガムチャン 太祖王健を支えた一族
チェ・チョロ 景宗(キョンジョン) 高麗第5代王、ファンボ・スの夫
キム・ミョンス ワン・チのちの成宗(ソンジョン) 高麗第6代王、ファンボ・スの兄
ムン・ジョンヒ ムナ王后 第二妃・ファンボ・スと激しく対立する
イ・イン ワン・ソン 後のモクチョン、ファンボ・スとキョンジョンの息子
ヤン・ウニョン ホンスク皇后 第一妃・キョンジョンの妻
イム・ヒョク ソ・ヒ 内議大夫ファンボ・スのよきアドバイザー
イ・ギヨル チェ・ソム ソ・ヒと対立している
キム・ジョンギョル チェ・リャン
キム・ビョンギ キム・ウォンスン 商人で金と権力の為に手段を選ばない
シム・ヘジン ソ太后
ヤユル・ヒョン キョンジョン(景宗)
チャン・ドンジク ソンジョン(ヤユル・ユンソ) キョンジョン(景宗)とソ太后の息子





【千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-57話~58話-ネタバレ】

◇ 千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-57話

ウォンスンは穆宗を手なずけるため、彼に女を与えることにしました。

その女に魅了させて、穆宗をコントロールしようという腹です。

その大役に選ばれたのは、ミラという女性でした。

ウォンスンの作戦は見事に成功し、穆宗はミラの虜になってのめり込んでいきます。

穆宗は王としての立場を完全に失い、恥じらいもなくミラを追いかけるのでした。

彼は宮殿の外でもミラと会おうとし、周囲に迷惑をかけます。

そうした中、千秋太后は穆宗に訓練を施し王としての自覚を見につけさせることを考えます。

どうすればそれができるか・・考えた末に、千秋太后は穆宗に内政を任せることにしました。

実際に政治を行うようになれば、徐々に王としての分別ができるようになるだろうと。

一方ヒャンビはチヤンに疑念を持ち彼のことを調査し続けていました。

そうした中、ヒャンビは新羅の麻衣太子の存在に辿り着きます。

チヤンはこの麻衣太子と裏で繋がってる可能性が高い・・ヒャンビはそう判断しました。

その頃、高麗を巡る宋と契丹の綱引きが活発になっていました。

宋が使臣を送って高麗との関係強化を図れば、契丹もヤユル・ジョンニョルという使者を送り込みます。

双方が独自の取引をもちかけ、高麗を自分の味方につけようとしています…。




◇ 千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-58話

高麗を巡る宋と契丹の競争が日増しに激しさを増していきます。

どちらが高麗を味方につけるか、取引の焦点は旧渤海の領地にありました。

高麗にとって旧渤海の領地は喉から手が出るほど欲しい場所でしたが・・。

この領地について、宋も契丹も両方が高麗に割譲してよいと言うのです。

高麗としては、旧渤海の領地が誰のものになるのか、判断がつきません。

そして、どちらの国から領地をもらえばいいのか・・その判断もつかないのです。

こうした中、千秋太后はその迷いを振り切るようにしてある決断をします。

それは、契丹のオファーを一蹴し、宋と手を組むことです。

彼女がこの決断をした理由は一つしかありません。

それは、先祖から引き継いだ遺志である北伐を果たすことです。

一方、高麗が宋と手を組もうとする動きは、契丹に知られてしまいます。

枢密院使いはこれを危惧し、なんとか高麗を味方につけるためチヤンに攻撃を加えます。

チヤンには弱点がありましたが、その弱点を衝かれてしまったのです。

千秋太后は息子・穆宗を政治的に自立させ、政治に専念させたいと思っていました。

そこで彼女は穆宗に側室ミラを与え、穆宗の子供を増やそうとします。

こうして千秋太后の思いは通じ、穆宗は王としての自覚を持つようになっていきます…。

千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-59話~60話

韓国ドラマ-千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-全話一覧-ネタバレ




韓国ドラマのネタバレやあらすじの無料情報!
 ~キャストや相関図もここでチェック!~




スポンサーリンク